家庭でもコピー機を使うようになりました。便利なのですがコストが少し高いようで少し困っています。

高嶺の花だったコピー機が家にも登場!

高嶺の花だったコピー機が家にも登場!

コピー機の発達について

昔は働いているとき会社でコピー機を扱うくらいしか使っていませんでしたがインクジェットの複合機が安くなってうちにもやっと複合機が使えるようになり、便利にはなりましたが複合機の前から思っていたことですがやはりインクジェットはインクのコストが高い気がします。きれいなのはいいことですが、うちは写真は複合機で印刷することがないのでそれまでのクオリティはほんとにいるのかが不明でときどき黒のみでもいいかもと思うことがあります。それどころがプリンターの時代に使わな過ぎてつまってしまった後遺症から何も印刷したいものがないのにつまり防止のためだけに印刷をする現状です。

それを思ってコンビニでカラー印刷はした方がいいんではないかとしたことがなかったので調べたところやはりカラーになるとけっこうするものでうちの複合機を使わないこともできないですし、少し困っています。コストを安くするために重点式のものもあるみたいですが故障の原因になりそうでこわく正規品でないものどまりで少しのコストダウンができているくらいです。よくインターネットでびっくりするようなお安い取り替えインクをみるのですが怖くて手がだせません。コストの問題はさておいてwifiなどで会社にいても家のパソコンでも印刷できる機能もあるようで便利になったなあって関心するばかりです。あとは一定期間使わなくてもつまらないインクをつくっていただければと思うばかりです。

最後にサポートですが、メーカーによってサポートの有無や質に差があります。当然お金がかかってきますが、壊れたときには電話1本で対応してくれます。またトナー交換でも電話だけで済みますので、手間の軽減を重視される方はそちらをご利用されてもいいかと思います。その場合、使用するトナーは純正品となりますが、今はメーカーさんが提供しているリサイクルトナーも存在します。(社外品のリサイクルトナーよりは高額ですが、純正トナーよりは廉価です)使用されている方にとって、コピー機がどれほど重要な存在かで、かけるコストも変わってくると思います。

【参考】

Copyright (C)2017高嶺の花だったコピー機が家にも登場!.All rights reserved.