コピー機では、カラーの種類が選択できるものがいいでしょう。フルカラー、2色カラー等があります。

高嶺の花だったコピー機が家にも登場!

高嶺の花だったコピー機が家にも登場!

コピー機はカラーの選択ができるもの

新聞といえば白黒が普通でした。それに少し色が使われてびっくりしたことがあります。ある新聞は新聞名のところも黒以外の色が使われていました。枠も黒ではありません。その分コストはかかっているのでしょうが、他の新聞とは違うインパクトがあります。自分で自分が使う分にはいいですが、オフィスなどではいろいろな提案に書類を使いたい時があります。白黒で行うのもいいですが、時には色が入っているものでインパクトを与えたい時があります。

パソコンで書類を作るときは自由に色を付けることができます。文字を青にしたり赤にする、写真を入れたりするのも自由です。それを出力するのも白黒、カラーで出力することができます。それをコピー機で印刷するときにどのような設定ができるかです。原本は写真もきれいに表示されているカラーで作成しました。ある機械においてはまずカラーをそのままカラーで印刷することができます。そして白黒で印刷できるようにもなっています。

試しコピー機能が付いているものがありました。まず縮小や拡大などの設定をします。そして枚数の指定もします。その状態で試しコピーを実行します。すると設定通りの印刷が1枚されます。出力のされ方が問題無いとわかれば、実際に印刷ボタンを押します。すると試しコピー通りの印刷が大量に出来上がるようになっています。設定を維持することができるのがありがたいです。少しずつ調整しながらコピーする時も便利だと思いました。

【参考】

  • RITOEの有名なサイトといえばここですね。
Copyright (C)2017高嶺の花だったコピー機が家にも登場!.All rights reserved.