コピーで間違った設定で大量印刷することがありました。あるコピー機は試しコピーで事前にチェックが出来ます。

高嶺の花だったコピー機が家にも登場!

高嶺の花だったコピー機が家にも登場!

コピー機で大量出力前にチェックしたい

会議の前には会議の出席者に合わせて資料をコピーします。まずは原本を作成し、十分にチェックをします。そして必要枚数のコピーをします。あるとき100枚のコピーをしたのですがすべて枠からはみ出た状態になっていました。原本が大きな用紙だったのですが、縮小せずにコピーされていたのです。印刷途中に気づけばよかったのですが、後で見てわかりました。資料自体は何度でも印刷できますが、ミスの紙は無駄なコストになってしまいます。

それまで良くしていたのは、1枚指定で行うものです。まず1枚のみきれいにコピーできるかどうかを試してみて、その後残り枚数をコピーするのです。しかし、そのたびに設定しなければならず、設定が間違えれば2枚目以降で失敗したまま大量印刷してしまうことがありました。無駄が亡くならない状態だったのです。もっと簡単に試すことができ、更に用紙のムダが少なくなるようなコピー機があれば助かると思っていました。ある機種で良い機能を見つけました。

するとコピーの設定をした本人から割り込みしてもいいですよと言われました。何のことかわからなかったので説明をしてもらいました。割り込みボタンを押せば別のコピーが出来、それが終わったらさいど割り込みボタンを押すことで印刷が再開されるとのことです。設定なども全てそのままなので、割り込み後に変なコピーになるようなこともありません。そんな機能がついてるとは知らず、それまではいつも無駄に待っていました。

【参考】

Copyright (C)2017高嶺の花だったコピー機が家にも登場!.All rights reserved.