用紙の定番はA4とB5になるでしょう。用紙同士の拡大縮小がし易いコピー機だとすぐに設定ができます。

高嶺の花だったコピー機が家にも登場!

高嶺の花だったコピー機が家にも登場!

良くある用紙に合わせやすいコピー機

世界的において標準的な用紙としてはA4用紙があります。事務書類でも見かけますし、パンフレットなどもこのサイズになっていることが多いです。A4サイズを2つ並べた状態のものがA3で、A2、A1サイズがあります。A4サイズを半分にしたのがA5サイズになります。日本においてはこの標準的なサイズの他にもう一つあると言われています。それはB5サイズと呼ばれるものです。A4サイズに比べると少し小さめのサイズになっています。

かと言ってA5サイズほど小さくなるわけではありません。狭い日本において書類を保存しようとするとできるだけ小さい紙が便利でした。そのためにB5で印刷することも多いです。数字による用紙の大小についてはA4などと一緒です。B4は少し横長の書式になります。パソコンなどで資料を作成するときはA4サイズで作成するものの、実際に社内で使うときはB5に縮小したいことがあります。縮小にはコピー機を使うことが多いです。

10パーセント大きくしたいときは110パーセントにします。等倍なら100パーセントです。用紙サイズはそのままでそして印刷を開始しました。すると適度に拡大された文書が作成されました。バランスもよく、何度も作成していたのが無駄なように思えました。パーセント自体は1パーセントずつずらすことができるので、用紙のギリギリまで広げることも可能になります。本の少し調整したいようなときも簡単に行うことができます。

【参考】

Copyright (C)2017高嶺の花だったコピー機が家にも登場!.All rights reserved.